夢ともなく現(うつつ)ともなく

アクセスカウンタ

zoom RSS 金木犀の香りに「陶酔」する

<<   作成日時 : 2008/10/10 23:11   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

銀行からの帰り道、ちょっと回り道をしてみました。

画像金木犀(キンモクセイ)が満開でした。
これだから、回り道、寄り道止められません。

もう金木犀が咲く時期なのですね。
甘酸っぱい香りが道路一面に広がっています。
鼻づまり気味のわたしにも、かなり遠くからでも、金木犀の香りは、こっちだよと、誘ってくれます。
小さなオレンジ色の花がびっしり咲いています。画像

花の匂い、早春の沈丁花(ジンチョウゲ)、初夏の梔子(クチナシ)に並び賞されます。
人によっては、トイレの匂いみたいと言う、無風流な方もいらっしゃいますが、水洗トイレの普及していなかった頃、トイレの近くに植えられることもあったようです。また、初期の消臭剤はこの金木犀の香りが利用されたそうで、そう考えると「トイレの匂い」と、おっしゃるのも仕方ないかも。
でも、金木犀にとっては、いい迷惑ですね。

古い民家の家並みを歩くとき、金木犀の香りが風に乗ってやってくると、やはり、うれしいものです。

花言葉は「謙遜」「真実」「陶酔」「初恋」。
うーん、今の感じは「陶酔」をセレクトしましょうか。


画像


花が散ると、路地はオレンジ色の雪が降ったようになります。


金木犀のお茶  http://blogs.yahoo.co.jp/aitinoakitu/21676126.html

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
金木犀の香りに「陶酔」する 夢ともなく現(うつつ)ともなく/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる